2019年10月06日

北ろう大会・北通研集会(手話を考える集い)

本日2日目。「手話を考える集い」では、中西久美子さんが『理想の手話通訳とは〜ともにどう育てていくか〜』というテーマで講演されました。
いつもパワフルな中西さんの講演は、いつも元気をもらいます。
通訳者を育てていくには、地域の言語条例だけでなく国が手話を言語と認める必要があると力説されていました。
また通訳者を増やすためには通訳者の働く場所や身分保障を整備していく必要もあるし、ろう者も手話を大切にして次世代に伝えていく必要があると話されていました。
参加したみんながそれぞれに考えさせられる機会になったと思います。
posted by 運営委員 at 13:18| Comment(0) | お知らせ&報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: